強化買取中 神奈川県

横浜商科大学高校の制服買取します!画像あり

横浜商科大学高校は通称「商大」または「横浜商大」と呼ばれていて、横浜市旭区にある私立の学校です。元々は男子校でしたが2000年代になって共学化されました。

普通科・特進コース・進学コースに分かれていて、普通科は「特進・進学・スポーツ選抜」に分かれています。横浜商科大学の付属というわけではなく、姉妹校とされています。横浜商科大学高校から基準点をクリアしていれば横浜商科大学へ特別指定校推薦枠として進学することができます。進学先として「横浜商科大学大学」が一番多くなっていて、神奈川大学や関東学院大学、桜美林、帝京などへ進学する人もいます。

横浜商大の制服について

こちらが横浜商大の制服となりブレザースタイルにネクタイを着用します。
スカートは赤チェックまたは青系のチェックとなります。横浜商大の女子制服は可愛いと評判の制服となるため高価買取いたします。
上記画像にあるように制服上下セット+学校指定品を複数アイテム売ることで高額査定へ繋がります。
校章もアリ・ナシで査定金額に影響出るので、卒業してしばらく経っているケースだと紛失していることもあると思いますが、家中探してから査定をお試しください。

横浜商大の制服を高く売るために

基本的なことになりますが「制服上下セット」+指定品を揃えることです。ブレザーやスカート、ブラウスに欠品があると大幅な減額となってしまいます。できれば学校に通っていた当時に着用していた内容を上から下まで揃えた状態でお売りください。

どこへ売っても同じ!?

制服の買取は古物の扱いとなります。古物商として制服を古着扱いで買取することになりますが、残念ながら駅前などになる買取店では引き取ってくれません。仮に買取してくれたとしても数百円〜数千円がせいぜいといったとことでしょう。制服買取業者であれば1万円前後になると思われる横浜商大ですが、業者を間違えると大幅に安い金額で売ることになってしまうのです。また、制服の業者といっても査定金額は大きな開きがあります。よくわからないランキングを見て上位だからといってそれを鵜呑みにして依頼してしまうと、安い金額で売ることになりかねません。

2~3店で比較が正解

今やモノを買うときは必ず比較して安い店を探すのが当たり前になりました。モノを売る場合も数店で比較して決めたほうが高く売れる可能性があります。「制服なんてどこへ売っても同じ」ち思っていたら、損してしまうかもしれません。

できれば2〜3店で比較して高く売れる店を探すのが良いでしょう。

業者選びは難しいかも!?

だたし、査定金額はその根拠を確認しておくべきです。
業者によって査定だけ高く提示しておいて、いざ送ってみたら大幅に減額・・・・。そんな業者もあるようです。実際に当社にご相談いただく方のなかにもそういったご意見をお聞きすることが何度もあります。ご注意ください。

 

 

-強化買取中, 神奈川県

© 2022 制服買取QED 私立・公立の中学、高校の制服買取専門店